葬儀代の内訳

人が亡くなった時、葬儀代というものだけではおさまりません。

葬儀代の内訳と、人が亡くなった時にかかる費用は少し違います。

下記の3項目に葬儀代の内訳を分けられます。

 

葬儀社に支払うもの

葬儀社に支払うものは、病院などに迎えに来てもらったり葬儀式場や大阪市立北斎場 火葬については大阪市立北斎場 火葬をご覧ください。へ搬送して貰う車【寝台車】の費用や、棺、ドライアイスなど。

そして、セレモニースタッフの費用。

後は火葬料金や葬儀式場の料金。

このような葬儀社に支払うものがあります。

<a href=葬儀代 相場 家族葬54″ width=”200″ height=”200″ />

寺院費用

いわゆるお布施です。

家族葬でお経をあげてもらった宗教者、お坊さんにお礼をします。

直葬の場合でも炉前の読経(火葬炉の前でお経をあげてもらう)をして貰う方も少なくありません。

とにかく、費用を抑えたいだけと直葬をしたものの、後にもう少しきちんと見送れば良かったと後悔される方も少なくありません。

初七日法要なども合わせて行う場合もあります。

このような宗教者に対するお礼が必要です。

<a href=葬儀代 相場 家族葬51″ width=”300″ height=”231″ />

接待飲食費用

お通夜の時は通夜振舞い。

葬儀が終わった後は精進落としなど。

宗教者、会葬者、親族などに故人を偲んで貰いながらお礼を兼ねて料理を振る舞います。

<a href=葬儀代 相場 家族葬1″ width=”250″ height=”225″ />

葬儀代の内訳は大きくこの3項目に分けることが可能です。

それ以外に、葬儀後に納骨や仏壇、四十九日法要(満中陰法要)やお墓など、葬儀以外にも費用は必要になります。

葬儀レビ