長い期間使った仏壇には傷や汚れのへばり付き木地の反り金具の劣化、彫刻の破損金箔のはがれ落ち、にて、見た目が低下します。
葬儀式は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の坊主による授戒(仏門に入る方に戒律を授ける)と引導(故人を彼岸に導く)を行う仏事で、原則では親類が参加していました。
葬式・法要から諸諸の登録生活に由来するケアまで丸ごと受け入れされていただいている以外施主家族の気持ちのケアにも、トライしています。
ご自宅で身内だけの法要をされる場合戒名だけでなく故人様の名前のほうが胸の内にしっくりくるのであればそれはそれで結構なのでは、無いんじゃないかと思います。
往生者の遺志に従い親族のみで葬儀を済ませたところ葬儀にお見送りできなかった人が、お参りに多くの方が何度も、訪れてくださいます。

昔は墓というとうら寂しい感覚がしましたが、昨今は公園墓園などといった快活な墓園が本流です。
近年までは通夜は故人の深い関係の人達が夜明かし仏に付き添うのが一般的でしたが、今日日は参加者を参会してお通夜を実施し、2時間程度で終焉するのが常識です。
この程お寺は葬儀や法要でお経を読む人という意識がありますが、今まで仏教者とはお釈迦様の経典や、仏教などを間違いなくわかるように、知らせるのが本義なのです。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)というのは残りのライフスタイルを『どんな感じに旅たちたいか』と言われる希望を形式にすること、ライフのエンディングに向かってアクティブに手筈することで、良好な生きる活動です。
仏事は数回も体験することじゃないので、認識する葬儀屋ががほぼなくて病院が仲介した葬儀業者に採用する事がよくあります。

告別式と言う行事を実施することで自分に近い人の死という区切りをつけ、人生に再スタートを切ることができる、きっかけとなります。
世間の人はご家族の背後に席をとり着いた順に家族の後方に座って、くだされば、すいすいと案内できます。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)という事はご不幸のあった家の人達を指す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西各地を中心に、利用される、ことが大概です。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の時とは異なり後々に残るもので大丈夫だと考えますし地域の慣わし等によっても、異なりますので、仏具店などでご相談なされるのも百貨店などでご相談してみるのも、いいと思います。
同居している父がある日独りでおもむろに出掛けて習慣的にお葬式やお墓関連のパンフレットを貰って帰ってきて生き生きと説明してくれました。

葬儀代 相場